ドライアイ対策をしながら老眼のケアもしています

50歳にはいって、だいぶ近くが見えにくくなってきました。

ただ、ド近眼なので、メガネであれば近くがよく見えるように作ってありますから
新聞や文庫本も不自由なく読めます。

コンタクトは、遠くがよく見えるようにしているので、ちょっと厳しいのですが
眼科の先生に診ていただいたところ、まだ老眼の進み具合も
ほんの軽度ということで、ドライアイのケアをすれば
目の疲れも軽減され、もっと楽に近くが見えると思いますよと
言っていただきました。

数年ぶりに発売されたというドライアイ専用の目薬を処方していただき
1日6回点眼したら、ドライアイが、びっくりするほど改善しました。

目の疲れを感じないで、近くが見えるので
パソコンや読書の時間が長くなってしまったほどです。
そして、コンタクトを使用している時のために、ごくごく弱めの老眼鏡も作ってみました。

パープルのフレームが顔を優しく見せてくれてとても気に入りました。

老眼は、面倒な事に違いはないのですが、誰でもなることですから
お医者さまにご相談したり、自分でも積極的に目のケアをしたり、
メガネのおしゃれも楽しみながら、つきあっていきたいと思っています。