治療法のあれこれ

老眼は、目の老化現象のひとつで、歳を取ってくると誰でもなってしまう症状です。

老眼は、毛様体の動きが悪くなる為に、近くの物に焦点が合わせずらくなります。

老眼は元に戻らないと、諦めている方も多いかも知れません。

老眼鏡や、老眼用のコンタクトレンズをするのも良いですが、老眼が進んでいくので、頻繁に買い替えなくてはならないのが難点です。

しかし、回復させる方法はありますので、実践してみると良いでしょう。

例えば、老眼治療にはレーシックという方法があります。
レーシックには、モノビジョンレーシックと、老眼矯正レーシックがあります。

モノビジョンレーシックは、片方の目は遠くを、もう片方の目は近くを見れるようにするといった治療方法です。

もう一つの老眼矯正レーシックは、角膜の中心部を遠くが見えるようにして、角膜の周辺部を近くが見えるように矯正していく治療法です。

どちらも、レーザーを使った治療法なので、リスクが伴いますので、きちんと理解して行いましょう。

手術以外にも、食事療法やストレッチでも改善が期待出来ますので、諦めないで取り組む事が大切です。